Rail Magazine

INDEX

今月のレイルマガジン

Rail Magazine最新刊

特集

マンモス電機 EF66の半世紀

バックナンバー

RM LIBRARY

国鉄時代

原稿募集

最新鉄道情報

今日の一枚

今日の一枚 The Movie

RM News

編集長敬白

お立ち台通信

消えた車輌写真館

わが国鉄時代

台車近影

タンク屋しんちゃんのブログ

鉄道ホームページリンク

 

広告出稿のご案内

レイルマガジントップ > バックナンバー > 2012年4月号(No.343)

Rail Magazine

2012年4月号(No.343)

●2月21日発売
●定価1,200円
●全国の書店でお買い求めください。

定期購読申し込み

購入する

Rail Magazine 342号

特集:惜別! 371系「あさぎり」に乗る

 来る3月17日のダイヤ改正で、数多くの列車や車輌が消えていきますが、特急〈あさぎり〉用に登場したJR東海371系もその一つです。
 1991(平成3)年に営業運転を開始した371系は、中間車にダブルデッカー車を組成、2階部がグリーン車(小田急線内はスーパーシート車)とし、塗装も100系新幹線に似た、たった1編成だけの特急車輌です。
 誌面では小田急・新宿発沼津行きの〈あさぎり3号〉の乗車ルポを掲載。371系の車内設備の現状を紹介するとともに、松田の連絡線の通過シーンを車内より展望。さらに小田急線内、御殿場線内の見どころなども解説しています。
 さらには、3月のダイヤ改正により運転区間が小田急・新宿—御殿場間に縮小されることで、1955(昭和30)年からに続いている御殿場線直通列車の歴史も、小田急キハ5000形や371系登場時の懐かしい写真を含めて解説しています。

 一般記事では、東海道本線東京口から今年5月で引退するJR東日本211系のヒストリーと最新情報を掲載。番代区分別形式解説や田町車両センター211系の運転時刻表、同センター211系のディテール紹介を行なっています。
 また3月のダイヤ改正で運転保安方式変更に伴い、消えゆく久留里線タブレット閉塞方式について、現場での取り扱い事例を紹介しながら解説しています。さらにはJR西日本103系の関西地区での足跡を、往時の写真を用いてひも解く連載記事後編を紹介しています。
 新車は、今春営業運転を開始する東京地下鉄銀座線の新型車輌1000系と名古屋市交通局鶴舞線に投入されたN3000形のオフィシャル解説原稿を収録しています。

 連載記事では、鉄道写真家・中井精也さんの「1月1鉄!」をはじめ、「SL甲組」の肖像、「国鉄車輌誕生秘話」、「ガイドブック最盛期の国鉄車輌」、「屋鋪 要の保存蒸機撮りつぶし」、「貨車研究室」など、毎回好評を博している記事を豊富に収録しています。

●特集
惜別!371系〈あさぎり〉に乗る  岩成政和
1編成しかない特急電車の定期運用消滅

1955〜2012年
変わり行く御殿場線直通列車  柴田東吾

RM GALLERY
そして、春 ─小湊鐵道 春爛漫─  武田忠雄

3月でお別れ  119系最新情報  瀬戸向洋

東海道本線から5月に引退!
JR東日本211系物語+最新情報  武藤 真

さようなら 久留里線のタブレット  木村忠吾

東急電鉄 検測車"デヤ"最後の活躍

NEW COMMER

東京地下鉄 銀座線用新型1000系
東京地下鉄株式会社鉄道本部車両部設計課主任 増尾秀和

名古屋市交通局N3000形
名古屋市交通局技術本部車両電気部電車車両課 諏訪正彦

今月の一枚/今日の一枚

今日の一枚 Today's NICE SHOT!  講評:中井精也

鉄道写真家・中井精也の「1月1鉄!」第5回 JRF NEWS

2012年度版 JR西日本
103系最新情報&関西地区の足跡【後編】  柴田東吾

「鉄動館 撮り鉄グランプリ」第4回テーマ 入選作品!

サントリー BOSS ジャパン SLコレクション

「SL甲組」の肖像 第88回 坂町機関区
宇津峠の戦いあり、庄内の地吹雪あり。  椎橋俊之

01逢いたや2011
ドイツ「アイゼンバーン・ロマンティック」レポート  水沼信之

国鉄車輌誕生秘話12〈星 晃さんのアルバムから〉
711系試作電車デビュー  岡田誠一

屋鋪 要の保存蒸機撮りつぶし 第44回

貨車研究室  吉岡心平
トワイライトゾ〜ン

一枚の図面から 581・583系電車の車内  岡田誠一

ガイドブック 最盛期の国鉄車輌115
新型直流電気機関車.18 EF65  浅原信彦

連 載
NEWS SCRAMBLE
RM INFORMATION
RM FORUM

目次写真:RM/RM/RM/RM/亀井 明

Cover Photo:Koichi IWAKATA