Rail Magazine

INDEX

今月のレイルマガジン

Rail Magazine最新刊

特集

マンモス電機 EF66の半世紀

バックナンバー

RM LIBRARY

国鉄時代

原稿募集

最新鉄道情報

今日の一枚

今日の一枚 The Movie

RM News

編集長敬白

お立ち台通信

消えた車輌写真館

わが国鉄時代

台車近影

タンク屋しんちゃんのブログ

鉄道ホームページリンク

 

広告出稿のご案内


レイルマガジントップ > バックナンバー > 2007年5月号(No.284)
2007年5月号(No.284)
●2007年3月20日発売
●特別定価1,100円(税込)
Rail Magazine 284号


「日本の客車2007」と題して全国のJR・私鉄で運行されている客車列車を特集。かつては全国どこでも当たり前のように目にすることのできた客車列車。しかしコスト削減による効率化と、国鉄時代に製造された12系・14系・24系などの車輌自体の老朽化も進行し運行本数は減少の一途をたどり、定期客車列車の数は今やわずかなものとなってしまいました。JR発足直後に一世を風靡した、客車改造のジョイフルトレインにも引退の波が押し寄せるなど、客車列車の取り巻く環境は予断を許さない状況となっています。特集では全国のJR、大井川鐵道・秩父鉄道など私鉄も含めた客車配置表、形式や特徴、現状を詳細に解説しています。ブルートレインすら、もはや風前の灯となってしまった昨今、最後の客車列車の輝きを本誌とともに見届けてはいかがでしょうか。
単行本も発売され好評連載中の「SL甲組の肖像」は、北海道・美唄鉄道が舞台です。黒ダイヤと呼ばれ、わが国の経済成長を支えた石炭と炭砿。北海道にも数多くの炭砿が存在し、掘り出された石炭を満載した貨物列車を蒸気機関車が牽引していました。美唄鉄道では高性能E型タンク機である4110機関車や、全国で大活躍した9600形機関車が石炭輸送に従事しており、当時の機関士の証言を元にした、迫真のドキュメンタリーとなっています。
RM GALLERYは、今月いっぱいで惜しまれつつも廃線となる、くりはら田園鉄道を取り上げます。単行で健気に活躍する気動車の美しい写真と叙述的な文が、廃線の切なさを一層高めます。
この他に九州58654蒸気機関車復活について、四国のキハ58・28、JR東日本発足20周年首都圏通勤型電車最新情報、名鉄鳴海工場12号とN電、NEW COMER GUIDEは車輌デザインに強いこだわりを持つJR九州の新車817系1100番代、リニア駆動の横浜市交通局10000形を紹介しています。新世紀カレンダーにはWEB投稿からの写真掲載が今月よりスタートします。


●特集
日本の客車2007 岡田誠一

2007年日本の客車MAP

JRの客車2007
12系・14系(座席車)・14系(寝台車)・24系・E26系・50系・イベント列車・ジョイフルトレイン

JR・私鉄客車配置表

私鉄の客車2007
津軽鉄道・真岡鐵道・わたらせ渓谷鐵道・秩父鉄道・大井川鐵道・黒部峡谷鉄道・嵯峨野観光鉄道・伊予鉄道
「SL甲組」の肖像 第39回 美唄鉄道
つわものどもが夢の跡
椎橋俊之
●RM GALLERY
カンテラに照らされた二条のレール 白川直樹
−86年間お疲れさま「くりはら田園鉄道」−
What'sNew 話題の車輌
JR九州「58654」復活へJR貨物EF64 1046が更新機に

●JR東日本発足20周年
首都圏通勤型電車最新情報JR化後20年の車輌の推移
さようなら オリジナル200系 梅原 淳
想 東京駅 見納めの現駅舎、桜、そして201系… 佐々木直樹
●2007年10月14日開館まであと208日
大宮に「鉄道博物館」ができるまで![第9回] 編集部

●短期集中連載[第8回]/架け替え工事迫る…
余部通信−橋に魅せられVol.9− 服部敏明

沼田博美の絵画館183:38年前の一枚。
保存車博物館

DD53 再び客車列車の先頭に

12号とN電〜昭和29年夏、名鉄鳴海工場〜 白井 昭

トワイライトゾ〜ン
熊本電鉄の生き証人/メトロの転車台/京都古レール案内/モーターカー倶楽部/江ノ電周辺面白二題/女城主の酒蔵に行ってきました/隅田川駅セメント専用線の今
プロフッサー吉岡の私有貨車セミナー 第164回
国鉄貨車教室 第71回 ワム80000二代形
三岐鉄道丹生川駅 貨物鉄道博物館だより

がんばれ!南国の老兵たち 四国のキハ58・28 福井友教

●読者のおすすめポイント続々到着!−WEB連動企画
お立ち台通信−撮影地ガイド・データベース− 

HOT SHOT![新製品ニュース] 小山伸也
NEW COMER GUIDE
JR九州817系1100番代
横浜市交通局10000形
「ホビダス」へのアクセス御礼、ますます内容充実!
編集長敬白/わが国鉄時代
新世紀カレンダー2007年2月(第74回)/プレイバックRM 1997年3月

ガイドブック最盛期の国鉄車輌57 交直流急行型電車.3 浅原信彦
※今月「木造駅舎紀行」は休載とさせていただいております。
連 載
NEWS SCRAMBLE
RM INFORMATION
RM FORUM

COVER PHOTO:Fumihiro-ITABASHI