r 「Rail Magazine」:ホビダスbyネコ・パブリッシング
Rail Magazine

INDEX

今月のレイルマガジン

Rail Magazine最新刊

特集

マンモス電機 EF66の半世紀

バックナンバー

RM LIBRARY

国鉄時代

原稿募集

最新鉄道情報

今日の一枚

今日の一枚 The Movie

RM News

編集長敬白

お立ち台通信

消えた車輌写真館

わが国鉄時代

台車近影

タンク屋しんちゃんのブログ

鉄道ホームページリンク

 

広告出稿のご案内


レイルマガジントップ > バックナンバー > 2006年 > 2006年11月号(No.278)
2006年11月号(No.278)
●2006年9月21日発売
●特別定価1,100円(税込)

Rail Magazine 278号


いよいよ9月下旬にE233系が登場、変貌する中央線にスポットをあてます。「国鉄型で中央線 新宿→塩尻227.8 Hを撮る!」では普通列車で新宿を出発、引退間近の201系、115系を撮影、大月では富士急の電車を初狩ではスイッチバックの跡、リニア実験線を見学、竜王で貨物列車の写真を撮り、沿線の風景を堪能しつつ小淵沢、岡谷、辰野とたどり塩尻に至る。変貌する中央線を十二分に楽しめるプラン、紅葉のシーズンに出掛けてみたい盛りだくさんな内容。カラーグラフは投稿写真で構成、ハイアマチュアの鋭い目が捉えた中央線の今が彩り豊かに展開いたします。さらに「中央線、青梅・五日市線 201系ガイド」では置き換えの迫る国電最後の楽園の現状をレポートいたします。10輌貫通編成、4+6輌の全編成表付き。
「余部通信」では漁船をチャーター、海から鉄橋の威容を眺めます。余部関連のイベント情報やライトアップ、写真家・広田尚敬さんの講演会などのレポートも詰め込まれています。
最終運転日が11月30日に迫った神岡鉄道は撮影地ガイドとともに「ローカル私鉄の誕生と終焉」でも取り上げます。
「改軌の秋」では昭和34年に行なわれた京成電鉄押上線の改軌の記録を、当時の貴重な写真とともにボリュームをもって構成、好評連載「SL甲組の肖像」では名門・沼津機関区を取り上げます。超特急「つばめ」が駆け抜けたC51、C53の時代から、EF57を始めとする電機の時代へ、乗務員たちの秘話がちりばめられたドキュメンタリーです。
ニュースでは「新幹線500系が東海道から撤退!?」がトップ。この人気車輌の今後の動向に注目が集まっています。


特集
9月下旬ついにE233系登場
変貌する中央線に注目!


国鉄型で中央線新宿→塩尻 227.8kmを撮る! 梅原 淳・結解 学
201系/529M/初狩/竜王/普門寺信号場/辰野/ミニエコー


COLOR GRAPH SCENIC LINE 中央線

置き換え迫る国電最後の楽園
中央線、青梅・五日市線201系ガイド 佐藤利生
はじめに/201系ショートヒストリー/豊田電車区201系712輌の現況/201系の今後の動向


短期集中連載[第3回]/架け替え工事迫る…
余部通信−橋に魅せられVol.3− 服部敏明


余部鉄橋の有終を刻む−兵庫県香美町イベント情報

11月30日限りで廃止…
神岡鉄道撮影地ガイド 紺 昌弘・眼目佳秀


ローカル私鉄の誕生と終焉 寺田裕一 第9回:別れの日刻々と迫る「神岡鉄道」

昭和34年、京成電鉄押上線改軌の記録  沖田祐作

「SL甲組」の肖像 第33回 沼津機関区
蒸機から電機へ 時代の先端を走った名門区  椎橋俊之


RM GALLERY 419系、秋の気配  佐野嘉春

2007年10月14日開館まであと389日
大宮に「鉄道博物館」ができるまで![第3回] 編集部


HOT SHOT![新製品ニュース] 小山伸也

保存車博物館/木造駅舎紀行

読者のおすすめポイント続々到着!−WEB連動企画
お立ち台通信−撮影地ガイド・データベース−


沼田博美の絵画館177:郷愁の駅。

トワイライトゾ〜ン
浜松へ行こう!/動態復活!!山田さんの加藤くん?/貨物全盛時代の残り香

プロフッサー吉岡の私有貨車セミナー 第158回
国鉄貨車教室 第65回 レ5000形
三岐鉄道丹生川駅 貨物鉄道博物館だより

新更新色Debut!
JR貨物EF64 1047号機&EF66 27号機


10月22日開催「第13回 JR貨物フェスティバル広島車両所」

500系 東海道から撤退? 梅原 淳

「ホビダス」へのアクセス御礼、ますます内容充実!
わが国鉄時代/編集長敬白


新世紀カレンダー2006年8月(第68回)/プレイバックRM 1996年9月

ガイドブック最盛期の国鉄車輌51 181系.7 浅原信彦

連 載
NEWS SCRAMBLE
RM INFORMATION
RM FORUM

COVER PHOTO:Taku-KOBAYASHI