2004年8月号(No.251)  


●毎月21日発売
●別冊付録 JR貨物全機関車運用表付
●特別定価1,200円(税込)
●定期購読お申込みできます
●全国の書店でお買い求めください。
●弊社の本の通信販売「クイックサービス」でもお買い求め頂けます。
RM最新号からの写真 レイル・マガジン251号(2004年8月号=6月21日発売号)の特集は、恒例となりました「貨物列車2004」。 をお送りします。巻頭では昨年の上越線に続き、ファンの注目を集める石北本線DD51重連の貨物列車をルポルタージュ…その名も「常紋越え」です。続いては去る3月に実施されたダイヤ改正の詳細とJR貨物所属の機関車最新情報を、また、話題の特急貨物電車“M250系”の全貌を公開します。今年も読者のみなさまから多数の力作が寄せられました。「SPECIAL GRAPH JRF2004」では16ページに渡って貨物列車の勇姿をご覧に入れます。ご好評をいただいている特別付録ですが、今年も用意しました。今回は高速貨物・専用貨物列車の最新時刻表はもちろん、JR貨物の全機関車運用表も掲載。ついに100ページの大台となりました!
JR貨物全機関車運用表

★まだまだあります「今月の見どころ」

ガイドブック最盛期の国鉄車輌
連載第24回、今号から新性能電車編に入ります。「よん・さん・とう」当時に活躍した車輌たちのカラーグラフと共に国鉄新性能電車の総論、その源流となった「101系」の解説をします。

消えた轍−ローカル私鉄廃線跡探訪−
今号より連載を再開。第31回目となる今回は上田丸子電鉄の後編「真田傍陽線」をお伝えします。


★今月「SL甲組の肖像」「保存車博物館」「木造駅舎紀行」は休載とさせていただいております。

★今月の表紙は東北本線の物流を担うEH500形です。



■Rail Magazine & RM MODELS トップページへ■

今月のみどころ 今月の目次